広島インドネシア協会  

活動実績

インドネシア共和国独立記念祭

2018年8月28日

リーガロイヤルホテル広島にて、「インドネシア共和国独立記念祭」を開催しました。インドネシア共和国の独立73周年を祝うパーティで、駐日インドネシア共和国大使館のアバス・リドワン公使や在大阪インドネシア総領事館のミルザ・ヌールヒダヤット総領事をはじめ、協会会員、インドネシア人留学生、EPAに基づく看護師・介護福祉士の方々など、約250名が参加されました。ドレスコードは「クールビズまたはバティック」で、多くの方々が民族衣装バティックを着用されました。

日本のグループ「バパン サリ」によるバリ島の伝統音楽や、留学生による西ジャワ島の伝統舞踊「メラックダンス」が披露され、広島大学を今夏卒業する帰国留学生のご紹介や記念品贈呈なども行いました。

会場内に平成30年7月豪雨とインドネシア(ロンボク島)地震への義援金募金箱を設置したところ、¥48,425のご厚志が寄せられました。この義援金は、中国新聞社会事業団や大使館・総領事館を通じて寄付します。

このページの先頭へ